えごま油 生搾り低温圧搾

限定品

2,900円 税抜

商品コード:

関連カテゴリ

  1. 荏胡麻(えごま)
数量

エゴマ(荏胡麻)はシソ科の一年草で古くは縄文時代から食され、現代では葉はもちろん、成熟して乾燥した種子をすりつぶして加工したり、絞って油にするなど様々な方法で食されています。
えごま(荏胡麻)にはαリノレン酸(アルファリノレン酸)が約60%以上含まれており、非常に効率よく必須脂肪酸を摂取する事ができます。

しかしながら、現在では、食用のゴマとしてはとしては、白ゴマや黒ゴマが主流、葉っぱは青じそ、油は菜種油などに取って代わられ、全国での生産量は非常に少なく、自家栽培か一部地域でのみ栽培される貴重な食物となっています。

宮崎県西都市で無農薬で栽培された荏胡麻を人の手によって一つ一つ選別し低温圧搾した荏胡麻の生油を是非ご賞味下さい。
サラダやお味噌汁など何にでも合いますので毎日の食卓の習慣として是非ご愛用下さいませ。

※商品のパッケージは変更になる場合がございます。