ごあいさつ

皆さま こんにちはMUSEFARM(ミューズファーム)代表の黒木美佳です。
ミューズファームとは英語で、女神の農場という意味です。
私は宮崎県西都市と言う自然豊かな地に生まれ育ち祖父は米を作り、牛も育てていましたので小さな頃から農業は身近な存在でした。
当時は農家の人は朝早くから大変だな~と思っていたのが本音です。
また農業は自然が相手なのでその点が1番大変なところです。
私も台風で倒れてしまった稲を鎌で刈ったことがありますが、子供ながらに大変だったことを今も覚えています。また同時に美味しいお米や農作物をいただける事のありがたさを 小さな頃から身をもって学ぶこともできました。

私は現在、演歌歌手として活動させて頂いておりますが、子供の頃から民謡を習い、
日本一をいただいた歌も「正調刈干切唄」という農業の歌でした。
そんな事もあり私と農業は切っても切れない縁があるのだと思い、農業に携われる何かをやりたい!と思ったのがMUSEFARMを立ち上げるきっかけとなりました。

近年では農林水産省が「農業女子プロジェクト」を立ち上げて様々な取り組みをしています。
農業女子PJサイト
私も農業女子プロジェクトサポーターズに任命していただき、全国を歩く中で沢山の農業女子の方と出会い熱い胸の内や思いを聞いているうちに皆さんが作っている農作物や加工品への愛情をとても感じました。

価格変動の大きい市場だけでなく、農業(1次)食品加工(2次)流通販売(3次)が連携して行う6次産業化をする事で、1年を通して安定して販売出来る商品を持つ事が農業経営には大事な事であり、女性目線で作る製品は素敵なものが沢山あります。

丁寧に手間ひまかけて愛情を込めて作られた美味しい商品の数々をMUSEFARMでは販売しておりますので是非一度お試しください。宜しくお願い致します。